ワキのレーザー脱毛と発汗量の関係

subpage01

ワキのレーザー脱毛をすることにより、汗の量が今までよりも多くなると言われることもあります。

ですが、正確にはレーザー脱毛したからそうなるわけではありません。

ワキの脱毛をしたからといって、汗の分泌をしている汗腺への刺激で、発汗量が増加するというのは、医学的にもありえないことなのです。

ワキというのは、皮膚がデコボコしてたり、ムダ毛もあったりして、全多愛的な表面積は大きめです。

レーザー脱毛でムダ毛が無くなったり、肌のキメも整ってくると、ワキには汗が溜まりにくくなります。


そうなると、汗をかいて流れ落ちていくのを、ムダ毛がない頃よりも感じやすくなるために、発汗量が増えたと勘違いするのです。


ワキがたくさんお発汗を行うゾーンであるのには、それなりの理由があります。
腕にまでつながる太い血管が通っていているワキは、血流も活発に行われているゾーンです。ワキが汗をかくことによって、皮膚の表面をクールダウンさせます。
それにより、体温上昇をセーブするのを、効率的にすることができるゾーンであるためです。ワキの肌が鳥肌のようになっていたり、ムダ毛が生えたりすれば、発汗で体温を下げるのは合理的とも言えます。ワキのムダ毛を、レーザー脱毛で処理すれば、ワキの皮膚はツルツルの状態になります。

そうなれば、発汗での流れ落ちる汗を、今までよりも感じやすくなるというわけです。


そのため、ワキ脱毛をしたら、汗の量が今までより増えたような気がする、と勘違いするケースが出てくるのです。