レーザー脱毛は剛毛に有利なのか

subpage01

レーザー脱毛は医療用のレーザー機器を用いた脱毛手段であり、レーザーによる照射エネルギーがとても強いことから効率の良い脱毛を実現します。

一般的には身体の広い範囲へ対応しているものの、施術後は赤みや軽い炎症といった肌状態に影響を与えやすい理由から、皮膚に疾患がある場合及びアレルギー体質においては症状が悪化しないよう十分な注意が求められます。

レーザー脱毛の持つ脱毛効果はエステで使われるフラッシュ方式と同じメカニズムですが、両者を比較すると照射エネルギーが強い分だけ毛根部分の発毛細胞へ熱を伝えやすく、少ない回数で永久脱毛を済ませられる利点が生じます。


また、太くて毛が密集している剛毛箇所ほど集中的な効果を発揮しやすいため、ムダ毛が多く一気に脱毛を済ませたい場合に最適の選択肢といえるでしょう。


注意点としてレーザー脱毛は剛毛であるほど効果を期待できる一方で、同時に施術時の刺激が増加する傾向となることから、痛みに耐えられない時は麻酔クリームなどを使用しての施術が重要となってきます。

フラッシュ方式で処理しにくいといわれている色素の薄い産毛に対しては、機器の調整次第で適応できる可能性が十分考えられますが、効率面で劣るので部分的にニードル方式を導入するといった対策も有効な手段とされます。
ニードル方式はレーザー脱毛やフラッシュ方式とメカニズムが異なるので、処理しきれなかった部分に対して補助的な扱い方をする選択も効果が見込めるでしょう。